夜狐夜行零式ドラクエ10日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトン日誌が回ってきた!
夜狐です。
こんにちはっ!


前回の記事のコメント欄で気づいたんですが、私にバトン日誌というのが回ってきました!
どうやら、このバトン日誌というのは、自己紹介などを書いてフレンドに回して行く(バトンを繋いで行く)というものらしいです。

調べてみたら、誰が始めたか分からないこの企画は結構広がっているようですね。

追記 おそらく始めた人を特定出来ましたが、暇潰しに昔SNSで流行ってたのをまねて冗談で始めたみたいでした(^-^;

でも、この企画って、みんな楽しんでますか?

いろいろ見てみると結構いやがっている人も多いような(>_<)

日誌は好きな時に好きな事を書けばいい。
始めた人はこういうのが好きで始めたとは思いますが、みんながそれを好きだとは限りませんよね?
嫌々書いた人もいるかと思います。
これだけ繋いできたものだと嫌だというのは難しいし、言うと空気が悪くなるし・・・

でも、私はあえて言いたいと思います!

バトンは、私で止めます!
追加画像 コメントより(^-^;
201501091822241d6.jpeg

楽しんでいる人には申し訳ないですが、それが私の気持ちです。
みんながみんな文章を書くのが好きって訳じゃないし、広場を普段見ない人だっています。
こういうのがきっかけで・・・というのもあるかもしれませんが、自分の好きな様にやるのが一番だと思います。

まぁ、私が止めたところで、枝分かれしているので続いていくと思いますが・・・
嫌だと思ったらバトンを止める!
これから、回ってくる人にはそうして欲しいと思います。
もちろん、回って来た時に乗り気になったら、ノリノリで書いちゃうのもありですけどね(^-^;
どうか、バトンが回ってきた周りの皆さんには、「来てたよ」って教えるくらいに留めて貰いたいです。
私はそれで気付きましたし(^-^;
後は、本人の意志次第。
なんか、バトンでギスギスしてるのも、ネットから見えたし、ゆるく楽しめる範囲でやって貰いたいです。
断れない人もいるのでやめて貰いたいとは正直思うんですけど、それも自由ですからね(^-^;

では、次回。
ちょっと、ネガティブな記事になっちゃいましたが、基本的に私はゲームくらい深く考えず楽しんじゃえ!と思います♪
考えすぎる人が多いので^^;(私も他人の事は言えませんが;)
だから、あまり負担を回すようなのは、避けて欲しいと思うんです。
ご機嫌よう。


押さなくても、大丈夫ですよ;
ドラゴンクエスト10オンライン・攻略ブログ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
お前は先に行くニャー?
バトン日誌は確かにやりたくないっていう意見の方が多いかも

わたしもコメントしたことでヤコさんから回ってきたらどうしようかな…て思ってたよ(;・ω・)

回ってきた人 は回す人にアポ取ってからってわけじゃないのが難しいかも
【2015/01/09 17:52】 URL | ニウ #- [ 編集]

ニウさんへ
ここは俺が食い止める!(元ネタはこれかニャ?)

でも、純粋に楽しんでる人も多いと思うので、ちょっと言い方に悩みました(^-^;
悪意は無い事ですからねー。

嫌だったら嫌っていうのは、大事です。
私は、そんなに嫌じゃなかったんですけど、さらに拡散する事を考えると(-_-;)
【2015/01/09 18:15】 URL | ヤコ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yakofuya.blog.fc2.com/tb.php/613-cca8ae7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

夜狐

Author:夜狐
夜狐と申しますm(__)m
アストルティアに生きるヤコの中の人です。
ただ、書いてみたいことを書いてみる!そんなブログです。
よろしければ、お付き合い下さいませm(__)m

家はグレン草原地区8555ー2です。
ぜひ、遊びに来てくださいね。


サブキャラ交流応援します!
サブキャラ交流会館
ガタラ住宅村水没遺跡地区8585-3



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。